ダイエットで何が一番いいの?

肥満児のお弁当とダイエットについて

肥満児の方が増加しています。
これは、なぜかというと、親御さんがかわいいから、といった理由や、子供さんが喜んで食べてくれるから、といった理由で、甘いお菓子、たとえばチョコレートやクッキー、ポテトチップスのような食べ物をたくさん与えてしまった結果、肥満児になってしまう、ということです。
その場合、学校などの身体測定などで、肥満児の方の場合には、保護者の方へ指導が行きます。
肥満児の方が、そのままの食事を続け、そのまま成長してしまうと、早い段階で若年の糖尿病になってしまったり、健康に大きなリスクが生じてしまうからです。
そのため、保健師さんなどが指導を行い、お弁当などにも、普段の食事にも気を付けてダイエットをさせるように、親御さんに注意喚起を行います。
ダイエットのお弁当としては、栄養を考えて、お魚やお肉などは入れても、必ずお弁当に彩のいい、野菜などを入れるようにすることが必要です。
野菜は、カロリーが少なく、ダイエットにとても最適な食べ物であり、また栄養も豊富であり、便秘などにも効果がある優れた食材です。
お弁当の中身は、肥満児の方の場合、今までに食べていた量がかなりの量だと推測されるので、お弁当も大きいものを作ってあげることは良いのですが、その際にも、栄養バランスに気を配り、高カロリーなものばかりを入れないようにしましょう。
たとえば、ハンバーグを入れるのであれば、大豆をつかったハンバーグをお弁当に入れたり、野菜をおいしく食べられるようにアレンジする、などしてお弁当のカロリーを考えていけば、ダイエットに大きく、貢献できます。
逆に、カロリーを少なくするために、と小さなお弁当で野菜ばかりであると、かえって体調を崩してしまうので注意してください。